「三鷹整骨院」で痛みや不調を根本改善

膝の痛みを感じる人は膝の向きが正しくない場合があります。膝の向きが正しくないとはどういうことを言うのかというと、簡単にわかるのはつま先の向きと膝のお皿の向きを意識してもらうといいと思います。例えば膝の靭帯を痛めてしまいやすいバスケットボールではどのような動きが多いのかというと、ジャンプをして着地をした時に膝が内側を向いた状態で人とぶつかったりしてしまい力を抑えるための靭帯が切れてしまうことがあります。

日常生活でそんな動きはないだろうと思うかもしれませんが、自分の歩いている時の動きをイメージしてもらうと足をついた時につま先が外側を向いてしまっていたりと真っ直ぐではない人も意外に多いです。特に膝の痛みを感じやすい人はその傾向が強いです。

膝の中には衝撃を吸収するための半月板という軟骨があって、正しくまっすぐに圧力がかかれば衝撃を綺麗に吸収してくれます。しかし圧力のかかり方がまっすぐではないとその軟骨を痛めてしまったり筋肉や組織、ひどくなると骨が痛みが出てくる事があります。

三鷹整骨院ではそのように酷くならないよう、膝がまっすぐ使えていない要因になる太ももの筋肉のバランスや体幹部の筋肉のバランスを深部から施術していきます。すると支えるべきところで身体が支えられるようになるので膝に偏った負担がかからなくなります。

膝の不安定感を感じる方は三鷹整骨院へお話を聞きに来てください。

「三鷹整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP